謎の前歯の痛み、それは地獄のはじまり

トップページからの続き。まずは経緯を語りたい。

朝起きたら左前歯がじんわり痛かった。

気のせいかもと期待してしまうくらい微かな痛みで虫歯の痛みとも違う気がする。ズキズキとくる痛みではなく押されるようなズーンとくる痛みだ。

左前歯の画像
最初に歯が痛くなったのは左前歯である。ズキズキする痛みではなく、絶え間ない押さえつけるような鈍い痛み

様子をみてればそのうち治るかも。・・・と2日くらい様子を見たがやっぱり痛みが止まない、ていうか若干強くなってる気がする。気のせいでもないようなので大事になる前に早速歯医者で見てもらうことにしたのだが。

「虫歯はなさそうだけどね。」

3年は前の話なので正確にどういわれたかは忘れたが、検診の結果とにかく虫歯は見つからなかった。 

「歯ぎしりとかしてない?疲れが溜まってると知らないうちに歯ぎしりして歯に負担かけてることもあるよ。とりあえず少し様子見ましょう。」

歯ぎしりとか言われても一体どうしろと・・と思いつつ内心かなりほっとしたのは覚えている。虫歯じゃないならそのうち痛みも治まるだろうと。右前歯は既に神経を抜いてたので左まで抜きたくなかったのもある。

結局その日は治療は何もせず痛み止めだけもらって帰ることになった。

今思えばこの時点で原因に気づいていれば先の惨事は避けられただろうに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − seven =